クラウドとは?IT初心者にもわかりやすく徹底解説!種類からメリット・デメリットまで
クラウドERP

クラウドとは?IT初心者にもわかりやすく徹底解説!種類からメリット・デメリットまで

最近よく聞くクラウドとは?そんな疑問にお答えするべく、クラウドについて簡単にわかりやすく説明していきます。きっと皆さんの身近にもクラウドは存在するはず!どんどん活用して業務の効率化を目指していきましょう。

クラウドとは?



「クラウド」とは、「クラウドコンピューティング」の略語で、コンピュータに関する用語です。


コンピュータと聞くと難しそうなイメージがありますが、実際は多くの業務を効率化できる便利なもので、すでに身近に存在しているはずです。


ここでは、意味や定義を詳しくみてみましょう。


クラウドの意味・定義とは

「クラウド」は、英語ではCloud(雲)を意味していますが、これはフローチャートやダイヤグラムなどの図内で雲形として表されていることから由来しています。


「クラウド」の定義とは、簡単に言うと、あらゆるコンピューティングサービス(サーバー、ストレージ、データベース、ネットワーク、ソフトウェアなど)をインターネットを経由して提供することです。


使用者の周辺に物体として存在することの多かった様々なサービスですが、ネットを使って遠隔地でも利用可能になりました。



クラウドの種類とは


クラウドの種類



このように、クラウドとは様々なサービスを含むので、範囲が幅広いのも事実です。大きく分けると以下の3種類にまとめられます。


SaaS(サース/Software as a Service)とは

SaaSとは「サービスとしてのソフトウェア」を意味し、ソフトウェア(アプリケーション)レベルのサービスを提供するものになります。これが最も一般ユーザーに近いサービスです。


従来は、パッケージ型のCDやDVDを購入し、パソコンに読み込んで使用するケースが多くありましたが、クラウドの場合は、ソフトウェア自体はネットを通して提供されるため、使用料を支払います。


月額や年額などの他、使用した分だけ支払う従量課金制などの仕組みがあります。



PaaS(パース/Platform as a Service)とは

PaaSとは、「サービスとしてのプラットフォーム」を意味し、開発環境を提供します。



システムに携わっていないとわかりにくい部分ですが、ソフトを開発するための環境整備に必要なミドルウェア、プログラミング言語、データベースなどになります。



IaaS(アイアース/Infrastructure as a Service)とは

IaaSとは、「サービスとしてのインフラストラクチャ」を意味し、サーバやストレージ等を提供します。


サーバやストレージは、膨大になればなるほど物理的な場所を必要としていましたが、ネットを使ってデータのやりとりができるようになったため、遠く離れていてもレンタルが可能になりました。


ECサイトなどを運営する場合には、お世話になることも多いのではないでしょうか。



クラウドのメリット・デメリットとは


クラウドのメリットとデメリット


メリットの大きさ故に多くの現場で活用され始めているクラウドですが、導入にあたってのデメリットもあります。


ここでは、クラウドのメリット・デメリットを見ていきます。


メリット

クラウドを導入するメリットとは、主に以下の3点になります。


  • コスト削減
  • 場所に依存しない
  • メンテナンスやセキュリティ対策が楽


例えばソフトウェアやサーバなどを自社で購入する場合には、初期費用がまとめてかかりますが、クラウドサービスを利用すれば、少ない費用で導入可能です。


また、パソコンやスマホなどの端末とネット環境があれば利用できるため、現代の働く場所にとらわれないスタイルにもマッチしています。


システムトラブルなどもサービス側でしっかり対応してくれますし、もちろんセキュリティ対策も行われているため、自社では利用端末だけ管理するだけで済みます。


デメリット

それでは、クラウドのデメリットとは、何でしょうか。


デメリット1つ目は、ネット環境が不可欠という点です。クラウドはネットを経由したサービスなので、ネット環境が整っていないとメリットを活かすことができません。


ネットがつながっていても、すぐに切れるなど不安定だったり、スピードが遅いという場合には、安定してクラウドを利用するのは厳しいです。


また、既存サービスとの相性が悪い場合もデメリットになります。


現在使用しているソフトなどを、クラウドサービスに移行しようとしても、かなりの時間やお金がかかるという場合には、メリットばかりに目を向けるわけにはいかなくなります。



おすすめのクラウドサービス

様々なクラウドサービスが存在する中、ここでは、エンドユーザーがすぐに取り入れやすいおすすめのサービスをご紹介します。


ERP・基幹システム



クラウドERPシステムをご存じですか?会計、販売、在庫、生産、人事などの業務にかかわる管理を一括して行うシステムです。


従来は部門ごとにデータを集計し、管理していましたが、一括してクラウド化させることで、経営資源を有効に活用することができます。


データ共有


クラウドを利用したデータ共有


個人が利用しやすいデータ共有サービスには、オンラインストレージがあります。


クラウドサーバに預けたものをお互いが自分の端末で確認できるため、膨大な容量のデータを送り合う必要がなくなります。


会社や組織単位の場合は、各部署のデータを共有できるだけでなく、社外とのやりとりにも使用できます。


マーケティング・営業活動

クラウドを利用したマーケティング


クラウドでマーケティングが簡単にできるサービスも増えています。


現代には欠かせないWebサイト制作や、SNSでの集客以外にも、既存顧客に対するお知らせやクーポンの配布などあらゆるニーズに対応したクラウドサービスがあります。


コミュニケーションツール


クラウドを利用したコミュニケーションツール


いわゆるWebメールと呼ばれるものは、クラウドサービスの一種です。


従来は端末にメールを読み込んで使用するケースが多かったのですが、自分のアカウントさえ持っていれば、パソコンでもスマホでも確認できるWebメールは大変便利です。


GmailやYahoo!メールが代表です。


メール以外にも、ChatworkやSlackなど、リアルタイムでやりとりできるコミュニケーションツールを導入することで、業務の効率がアップします。


また、従来の店舗・事務所に設置されていたビジネスフォンのPBX(電話交換機)を、クラウド上に設置するクラウドPBXなどもあります。


電子署名


クラウドを利用した電子署名

紙の書類にサインや印鑑を押す作業も大変でしたが、ネット上で完結する電子署名もおすすめのクラウドサービスです。


セキュリティ対策もしっかりされていますし、ペーパーレスでコストカットが実現します。



実店舗からECサイトまで!おすすめのクラウドサービスはキャムマックス


実店舗からECサイト管理出来るキャムマックス


キャムマックスは、実店舗だけでなく、ECサイトも一元管理できるクラウドサービスです。


インターネット環境とパソコンがあれば、どこからでもログインして利用できるのがクラウドシステムの最大のメリットでテレワーク時代の働き方をサポートします。


また、一元管理システムを導入する場合、高額な費用がかかるので諦めるという話も耳にしますが、キャムマックスはクラウドサービスならではのメリットを活かし、低価格で提供を可能にしています。


また、クラウドサービスだからこそ初期設定についてはもちろん、電話やメールでの無料サポートも充実しています。


一元管理システムの導入をお考えなら、ぜひ一度キャムマックスへご相談ください。



キャムマックスについて詳しく知りたいかたはこちら

この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み