ERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!その理由を解説
クラウドERP

ERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!その理由を解説

ERPシステムのカスタマイズはお金も時間もかかります。せっかく苦労して導入してもカスタマイズの方が大変だという声はここ数年でよく聞こえてきます。そこで、ERPシステムのカスタマイズについてのメリットやデメリットをまとめました。

ERPシステムのカスタマイズとは?


ERPシステムのカスタマイズとは、特定のビジネスまたは企業の要件を満たすようにシステム自体を変更することを意味します。


カスタマイズは基本となる機能にもよりますが、例として既存の機能の変更または強化、新機能やオプションの追加、タスク管理プロセスの追加、他システムとの連携などがあります。

実はERPシステムのカスタマイズは長年一般的な方法として多くの企業で行われてきましたが、近年その流れが変わりつつあります。

ERPシステムを企業の業務に合わせてカスタマイズしたものの、導入後に様々な問題を抱える企業が増えているからです。


アドオンとカスタマイズの違いとは


ここで少し説明したいのがアドオンとカスタマイズの違いです。


カスタマイズは、システムのプログラミングを変更することを意味するのに対し、アドオンは既存のシステムに特定の機能を導入するためのソフトウェアアプリケーションを意味します。


システムをカスタマイズするということは根幹を改造することなので、大がかりなものであるということがわかるでしょう。

アドオンであれば、システムは変更せずに機能を上乗せしていくイメージです。


ERPシステムをカスタマイズするメリット


これまで多くの企業がこぞってERPシステムのカスタマイズを行ってきたのは、大きなメリットがあると考えられていたからです。

ERPシステムをカスタマイズするとどのようなメリットがあると考えられてきたかというと、最も大きなものは、業務に合わせて作られるので既存の組織を変更する必要がないことです。

従来の業務をスムーズに行えるようカスタマイズされているのですから、最初こそ慣れるまで時間がかかっても、慣れれば大きな効率化が実現します。

業務や組織を変えるより、システムを変えたほうが楽だという考えからスタートしていると言えるでしょう。


ERPシステムをカスタマイズするデメリット


カスタマイズして最適化させたERPシステムも、カスタマイズが原因で様々な問題を引き起こすことがあります。


導入までに時間がかかる

自社に合わせてERPシステムをカスタマイズする際には、ヒアリングに始まり設計、開発から行ってもらう必要があります。

ただでさえ時間がかかるカスタマイズですが、対応できるエンジニアの数も不足していることから、数か月から数年は覚悟する必要があるでしょう。

その間に自社の業務や組織の方が変更されてしまうこともあるかもしれません。


費用が膨大になる可能性がある

まず既存のERPシステムをカスタマイズするとなると、追加でかかる費用は膨大になるでしょう。一般的にカスタマイズの費用は数十万円〜数千万円と言われており、規模や内容によって大きな幅があります。

さらに、カスタマイズ後は複雑化したシステムに対して行うことになるため、保守やメンテナンス費用もかかります。


バージョンアップができないもしくは大変

カスタマイズされたERPシステムは既存のシステムを書き換えているため、通常の方法ではアップデートができないことがあります。

仮にできたとしてもカスタマイズに合わせて行うため、時間がかかることが考えられます。


不具合が発生しやすくなることがある

あらかじめ決められた基本形でERPシステムの安定が確認されても、各社に合わせてカスタマイズした後に不具合が起きないとは言い切れないでしょう。

不具合が起きてしまった場合にも、カスタマイズを行った専門家の手でなければ修正できないケースもあるため、時間やコストがかかります。

ノンカスタマイズERPシステムのメリット

カスタマイズを行わずにERPシステムを導入した場合のメリットを見てみましょう。


導入期間の短縮

ノンカスタマイズERPシステムは、カスタマイズされたERPシステムよりも早く導入できるため、ビジネスプロセスの改善が迅速に実現できます。


導入維持管理費の軽減

ノンカスタマイズERPシステムは、カスタマイズに必要な開発やテスト、導入にかかるコストがかかりません。

また、ベンダーから提供される機能アップデートやパッチを適用することで、システムの機能拡張が可能なため、アップグレードや保守の作業が簡単になります。ベンダーからのサポートも充実していることが多く、問題が発生した場合に迅速かつ適切に対応できます。


互換性の問題回避

ノンカスタマイズERPシステムは業界標準に基づいて設計されているため、既存のシステムや他のシステムとの互換性の問題を回避できます。また、アップグレード時にも互換性の問題が発生する可能性が低くなります。

ERPシステムのカスタマイズを考える前に


ERPシステムのカスタマイズを行う前にできることを考えてみましょう。


業務内容を見直す


ERPシステムをカスタマイズする理由はそもそも自社の業務に合わせたいからということになりますが、既存の業務自体を見直すことで効率化につながるケースも多々あります。

カスタマイズを行う際の時間と費用を考えた時、自分たちで業務のやり方を変える方が効果が高いという場合には、取り組むことをおすすめします。


可能な限りアドオンで済ませる


ERPシステムを自社のニーズに合わせるためには、カスタマイズだけでなくアドオンを活用するという方法もあります。

アドオンならシステムを改変する必要がないため、アップデートできなくなるというようなリスクを抑えることができます。


他システムとのAPI連携を上手く使う


現在業務システムにはあらゆる種類のものがあるので、ERPシステムに合わせてうまく連携できるものがないか探してみましょう。

ERPシステムのカスタマイズをしなくても済むかもしれません。


クラウド型のERPシステムを導入する


ERPシステムをカスタマイズした後に最も問題となるのがアップデートが難しいという点ですが、こうした問題を解決できるのがクラウド型のERPシステムです。

もちろんクラウド型なら何でもよいということではないのですが、少なくともクラウド型ならアップデートやメンテナンスはベンダー側で対応してくれるため、導入した後も心配がありません。

むしろベンダー側でも常に最新の情報でよりよいサービスを提供する努力をしているため、時代に合わせた最適な機能を利用することができるでしょう。

ERPシステムならノンカスタマイズのキャムマックスがおすすめ





キャムマックスは、カスタマイズ不要であらゆる業種に対応したクラウド型ERPシステムです。

セキュリティ対策も万全で、社内にシステムやセキュリティの専任担当者がいなくても問題ありません。


操作方法はいたって簡単ですが、安心の無料サポートもついているため、万が一の時も安心です。

ERPシステムを導入したい、カスタマイズをしたいけれど時間もお金もかかって困るという中小企業様はぜひ一度ご相談ください。


この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10月より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
小売業 市場レポート
ECサイトの売上を上げるために必要なKPI管理シート

おすすめ記事

2024-01-18T02:42:56.316Z飲食店の棚卸を毎月、正確に行う手法を解説

在庫・倉庫管理

飲食店の棚卸を毎月、正確に行う手法を解説

2023-10-12T05:00:00.000Z生産性向上なくして成長なし!企業の取り組み方や成功事例をご紹介

その他

生産性向上なくして成長なし!企業の取り組み方や成功...

2023-08-24T08:15:00.000Z在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法

在庫・倉庫管理

在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法

2023-03-24T06:07:05.598Z商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察

その他

商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察

2023-03-10T05:38:00.784ZERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!その理由を解説

クラウドERP

ERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!そ...

2023-02-09T08:43:02.889Z【2023年】ERPおすすめランキング5選!最新システムご紹介

クラウドERP

【2023年】ERPおすすめランキング5選!最新シ...

2023-01-27T02:57:18.142Z受注とは?生産や販売での意味と効率の良い管理法などをご紹介

販売管理

受注とは?生産や販売での意味と効率の良い管理法など...

Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み