商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察
その他

商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察

今、商社にもDXが必要な時代となっています。
企業を取り巻くビジネス環境が大きく変化している昨今では、商社のDXが新たなビジネスモデル創出のチャンスになっていることは間違いありません。
商社がDXを進める上での課題や大手の事例などをご紹介します。

商社DXとは?


DXとはデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略称で、ビジネスプロセスやサービスをデジタル技術によって変革し、新たなビジネスモデルを創造することで企業価値を高めることを目的としています。


商社においてはBtoB(企業間取引)が主なビジネスモデルであることから、取引先企業との関係性を強化することが大切ですから、商社のDXでは取引先企業とのコミュニケーションや情報共有をデジタル化することで取引プロセスの効率化や品質向上、顧客満足度の向上を図ることができます。


また、商社が扱う商品の流通や在庫管理をデジタル化すると、物流コストの削減や在庫の適正化を実現することも可能です。


商社のDXの具体的な取り組みとしては、オンライン商談やビデオ会議システムの導入、デジタルカタログや在庫管理システムの構築、AIによる需要予測や在庫最適化、ロボティクスによる物流作業の自動化などが挙げられます。

商社にDXが必要な理由


商社にDXが必要な理由は、市場環境の変化が激しいということに尽きるでしょう。


従来商社は国内外のサプライヤーやメーカーから商品を仕入れ、国内外の顧客に販売する、または商品の仲介や代理店業務を行うことで収益を上げてきました。


ところが、近年はインターネットの普及により商社を介さずに直接取引を行う企業が増えているのです。


商社のビジネスモデルは従来手数料によって成り立っているところが大きかったため、これまでのやり方を続けていくのは厳しいと言えるでしょう。

商社がDXに取り組む上の課題


商社にDXが必要な理由は理解できても、実際は以下のような課題が山積みです。


データ量の多さ


商社はDXのために膨大なデータを分析し活用することは容易ではなく、これらデータを整備してまとめる必要があります。

専門のITスタッフ採用や外部サービスの活用などが必要となるでしょう。


システムの複雑性


商社では、さまざまなシステムを使用して業務を行っていますが、複雑なシステムを統合することは容易ではありません。

DXを進める上ではシステムの統合やデータの共有が必要不可欠です。


根強い組織文化


商社がDXに取り組むためには、長年蓄積された組織文化の変革が必要です。

情報共有やコミュニケーションのスタイルを変えて柔軟な対応や新たな発想を生み出すには、社員の意識改革や教育研修などが必要となります。


セキュリティの脅威


DXによってセキュリティの脅威が高まる可能性があるため、情報漏洩や不正アクセス防止を目的としたセキュリティ対策を講じることが必要です。


商社がDXに取り組むメリット


商社が上記のような課題を乗り越えてでもDXに取り組みたい理由は、それにも勝る大きなメリットがあるということです。


コスト削減


DXにより商社で発生する様々なコストが削減できます。自動化による人件費削減や物流の最適化による輸送費・運送費や在庫管理費の削減などです。

コストの削減が利益のアップにつながります。


新たな商機の創出


商社の強みは各業界との接点があるということと、膨大なデータを持っているということです。これを生かして需要の予測を行うことであらゆるロスを減らすことができます。

市場動向や顧客の嗜好を把握し、商品開発やサービス提供に役立てることが新たなビジネスモデルとなるでしょう。

商社DXの事例


大手総合商社ではすでに全社をあげてのDX推進が行われており、具体的な事例についても公開されています。こうした取り組みの中からいくつかご紹介します。


三菱商事


食品流通に関するDXで食品ロスを防ぐ取り組みを行っています。


需要予測のモデルを作ることで、メーカー、卸、小売の在庫を適正化させ、業界全体の食品ロスを減らすことを目標にしています。


参考:三菱商事が目指すDX|三菱商事


伊藤忠商事


ビジネス・デジタルコンサルティング、アプリケーション/システム開発・運用、デジタルマーケティング/プロモーション、CRM・顧客体験、データ分析・活用という5分野のトップ企業と提携し、DX推進を支援する事業を行っています。


参考:伊藤忠商事が掲げる「デジタル群戦略」|伊藤忠テクノソリューションズ株式会社



商社がDXに取り組むために必要なこと


商社がDXに取り組む際の課題を解決して成功させるためには、以下が必要となります。


ビジョンの策定


まず商社は、DXに取り組むためのビジョンを策定する必要があります。

ビジョンはDXによって何を達成したいのか、どのような成果を出したいのかを示すものであり全社員が共有する必要があります。


経営層のリーダーシップ


商社の経営層はDXに対するリーダーシップを発揮する必要があります。

経営層はDXの重要性を理解して必要な資源を投入することが求められます。


IT専門家の確保


商社がDXに取り組むためには、ITに特化した人材を確保する必要があります。

プログラミングやデータ分析などのスキルを持った人材は商社のDX推進に不可欠です。


外部パートナーとの連携


商社がDXに取り組むためには外部パートナーとの連携が重要です。

連携により商社は新しい技術やサービスを導入することができDXの推進加速につながります。


データの収集・活用ツール


商社DXではビジネスデータを収集して分析することでプロセスの改善や新しいモデルにつなげることができます。そのためには既存のデータをまとめて管理するツールが必要となります。


商社内のデータを一か所にまとめて管理できるツールでおすすめなのはクラウド型ERPシステムです。


クラウドERPシステム『キャムマックス』が商社DXに選ばれている理由




キャムマックスクラウド型ERPシステムです。なぜ商社DXにERPシステムであるキャムマックスがおすすめなのか、その理由は以下になります。


必要な機能がデフォルトで利用できる


商社DXの課題の一つが複数のシステムをどうやって統合させるのかという問題です。

その点キャムマックスは、業務に必要なあらゆる機能がすべて含まれているため、これ1台で対応可能です。


倉庫管理


複数倉庫がある場合でも一つの画面で、どこの倉庫に在庫がいくつあるかをリアルタイムで確認することが可能です。

自社倉庫であっても委託倉庫であっても確認ができます。

また委託先倉庫がWMSを利用している場合はAPI連携もでき、DX化を図ることができます。


受発注管理


商社の仕入れで大変なのは在庫切れを起こさないようにすることです。

キャムマックスはこれを防ぐために自動で発注数を計算してくれるので助かります。


在庫管理


海外からの仕入れなどがある商社の場合は特に、輸送中の在庫状況を把握することも大切な仕事です。

キャムマックスはこれら移動中の在庫に関してもトラッキング可能です。


売上管理


輸入諸掛案分処理機能がついているため、在庫の入庫単価は「仕入単価 + 輸入諸掛(商品1個あたり)」で処理され在庫金額と粗利計算に反映されます。


販売管理


運送会社を複数利用している場合など、送り状システム連携機能があるため各種運送会社の送り状システムとデータを連携させることができて便利です。


入出荷管理


個別に納品書を作成する必要がある場合、クラウド帳票ツール「LinkPrint CLOUD」との連携により帳票レイアウトを自由に作成できて便利です。


購買管理


キャムマックスは外貨発注/レート換算に対応しているため、海外からの仕入れも問題ありません。


連携できるシステムが豊富


キャムマックスは商社のDXに必要な標準機能も充実していますが、外部の物流システムやECサイトとの連携も簡単です。


リアルタイムでの共有


キャムマックスはクラウド型なので、商社のDXで課題となるデータの共有もリアルタイムで可能です。


また、インターネット環境が整ってさえいればどこからでも利用できることから、国内の複数拠点はもちろん、海外からでもアクセス可能です。



まとめ


このように、商社のDXで課題となるデータ量の多さや分散などが一気に解決できるのがERPシステムのキャムマックスです。


グローバルな展開をしている商社であれば特に為替の問題も出てきますが、キャムマックスはこうした輸入取引に関してもしっかり対応しています。


DXを推進したいという商社にはぜひおすすめしたいシステムです。



この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10月より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
小売業 市場レポート
ECサイトの売上を上げるために必要なKPI管理シート

おすすめ記事

2024-01-18T02:42:56.316Z飲食店の棚卸を毎月、正確に行う手法を解説

在庫・倉庫管理

飲食店の棚卸を毎月、正確に行う手法を解説

2023-10-12T05:00:00.000Z生産性向上なくして成長なし!企業の取り組み方や成功事例をご紹介

その他

生産性向上なくして成長なし!企業の取り組み方や成功...

2023-08-24T08:15:00.000Z在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法

在庫・倉庫管理

在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法

2023-03-24T06:07:05.598Z商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察

その他

商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察

2023-03-10T05:38:00.784ZERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!その理由を解説

クラウドERP

ERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!そ...

2023-02-09T08:43:02.889Z【2023年】ERPおすすめランキング5選!最新システムご紹介

クラウドERP

【2023年】ERPおすすめランキング5選!最新シ...

2023-01-27T02:57:18.142Z受注とは?生産や販売での意味と効率の良い管理法などをご紹介

販売管理

受注とは?生産や販売での意味と効率の良い管理法など...

Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み