多通貨対応しているクラウドERPで作業効率アップ!為替自動計算でさらに便利に

多通貨対応しているクラウドERPで作業効率アップ!為替自動計算でさらに便利に

EC事業が活発になっている中、海外の仕入先を持つ企業様が増えています。 自社工場を海外に置き、原価を押さえるようなケースもありますし、海外の会社と直接取引をするケースもあるでしょう。 アパレルなどは中国からの仕入が多いイメージですが、韓国を含めたアジア圏の仕入先もよく見受けられます。 他にも食品、家具、雑貨、機械など、輸入したものをメインの商材とする企業も身近になってきました。

しかし、経営の側面から見ると、海外仕入先の増加に伴い、輸入仕入業務、為替計算などの負担が大きくなってしまいます。

購買管理システムでは輸入に対応しているものもありますが、ERPだと選択肢は多くありません。 今回は多通貨対応しているクラウドERPをご紹介します。

多通貨ERPを知る

EC事業者ではなくても、輸入仕入をされていらっしゃる卸業者・メーカーは少なくありません。 バックオフィスで仕入の管理をする際、為替の計算、各国の会計、税務要件にあわせないといけないなど、国内の仕入と比べて複雑な処理が必要です。 そんな業務の負担を効率化できないかと当社は考えました。

円グラフ

では、どのようにして効率化できるのか、動画で機能をお伝えしていきます。

このように通貨マスタ/為替レートマスタにて、指定した通貨での金額を登録をします。すると仕入画面にて、外貨と円の両方で明細を確認したり、在庫を自動で円換算して表示することができます。

メリット

円グラフ

これまで、電卓を叩いて、あるいはExcelにマクロを仕込んで原価計算をしているので管理が大変、といったお声は多くありました。 元々はカスタマイズによって対応していた多通貨機能ですが、キャムマックスのノンカスタマイズ化に伴い、標準機能としてリリースします。 つまり、キャムマックスにご契約いただいた全ての方が、追加料金なしでこの機能を利用できます。

通貨は都度登録も出来るため、世界中の通貨の設定が可能です。為替の変動があった場合でも管理画面から数字を入力するだけで対応が可能となります。 これにより発注する際に外貨での処理が可能になったり、輸入諸掛を商品原価として利用出来るので売上だけではなく、粗利計算まで正確に行うことが出来ます。

料金

多通貨機能は標準機能としてご利用が可能です。その為追加料金は一切かからずご利用ができます。

初期費用月額利用料
月額利用料の一か月分70,000円/5アカウント

キャムマックスは中小企業向けERPの機能充実度No1に選ばれました。 そのほとんどの機能が標準装備で、追加費用がかかることなく利用いただけます。

※調査方法:インターネット調査 調査概要:2021年6月 サイトのイメージ調査 調査提供:日本トレンドリサーチ

よくある質問

多通貨機能についてよくある質問をまとめました。

Q どの通貨でも対応可能なのでしょうか?

対応可能です。 通貨マスタ登録画面より利用したい通貨、為替、小数点の設定をしていただくことで自由にご利用頂けます。


Q 海外の拠点で利用することは可能でしょうか?

クラウドERPなので拠点を問わず利用可能です。インターネット環境とウェブブラウザさえあればどこからでもアクセスいただけます。


Q 仕入時と、処理時の間に為替変動があった場合どうなりますか?

変動があった場合でも、管理画面に新しいレートを入力して頂ければ、全てのデータが上書きされて変更されます。いつでも細かい修正が可能となっています。


Q 業種、業態によっては使えない場合などありますか?

キャムマックスは業種・機能による機能の制限はございません。お客様の業務フローに合わせて、使わない機能を表示/非表示して制御いただけます。


機能の詳細はこちらから

この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み