モバイルピッキングとは?ピッキングもスマホでする時代へ。
在庫・倉庫管理

モバイルピッキングとは?ピッキングもスマホでする時代へ。

在庫管理、倉庫管理に必要なハンディターミナル(バーコードリーダー)。皆様は、どちらのメーカーのものをご利用されていますか?

また、機能へのこだわりなどはありますか?

ハンディターミナルは、高機能を求めるほどに高額になっていきます。

壊れてしまったり従業員が増えたりすると、買い足しをしていかないといけません。でも、それが5台、10台となってしまうと…。

そこで、できる限りハンディターミナルの費用を抑えるべく登場したのが、スマートフォンを活用してスキャンが行なえる「モバイルピッキング」です。

この記事では、モバイルピッキングの導入で、ハンディターミナルに比べてどのくらい安くなるのか?使い勝手はどうか?といった疑問にお応えいたします。


【関連記事】

在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法


在庫管理・倉庫管理をアナログからデジタル化へ


在庫管理・倉庫管理をアナログからデジタル化へ


卸・小売・製造業などでは、常にモノ(商品・製品)を倉庫に保管し、出し入れをされていることでしょう。


そこで、在庫の管理システム化する際に必要になるのが、ハンディターミナルです。

ハンディターミナルを利用する前提として、在庫管理はクラウドERPや在庫管理システムを使う必要があります。


デジタルピッキングとは


デジタルピッキングとは、従来のリストピッキングように紙の伝票とペンを使うのではなく、商品が保管された棚に取り付けられたデジタル表示器に沿って、ハンディターミナルで商品や棚のバーコードを読み取りながらピッキングを行う方法を指します。


ハンディターミナルの代わりにデジタルカートを使う方式のピッキングもあります。


在庫管理・倉庫管理をアナログ管理からシステム化するメリット


アナログで行っていた在庫管理をシステム化することで、次のようなメリットが得られます。


・エクセルなどに入力する業務がなくなるので、人為的ミスが少なくなる。作業スピードもアップする。

・ハンディで読み取ったデータがリアルタイムでシステムに送れるので、在庫状況が常に正確にわかる。

・棚卸にも活躍。


これだけでも、在庫管理をシステム化するだけで、大きな業務効率アップが期待できることが伝わってきます。


さらに、在庫管理システムがクラウドタイプであると、いつでもどの端末からでもシステムにアクセスができ、倉庫の状況を把握できます。


そのため、倉庫状況が把握できておらずに在庫を多く抱えてしまったり、在庫不足でチャンスロスをしてしまったりといったリスクも軽減できます。


在庫管理・倉庫管理をアナログ管理からシステム化するデメリット


一方、在庫管理をアナログ管理からシステム化することで、以下のようなデメリットもあります。


・システム利用料金を払わないといけない。

・使用するハンディターミナルが高い


アナログ管理をやめてシステム化するとなると、システム導入費用、月々の利用料金などがかかります。

さらにハンディターミナル代もかかってきます。ベーシックな端末でも1台20万からと意外と高額で、システム導入費用と併せると、想定以上の価格になってしまうことも少なくありません。


しかし、このようなデメリットを解決できる方法があるのです。

スマホハンディとは


「在庫・倉庫管理をシステム化したいが、ハンディ・バーコードリーダーにあまり費用をかけたくない」という企業様におすすめしたいのが、スマートフォンを活用したハンディターミナル「スマホハンディ」です。


スマホハンディの特徴


スマホハンディの特徴を、通常のハンディと比較しながらご説明します。

下の表は、通常のスマホを在庫管理用のハンディの代替えとして利用した場合の比較表です。バーコードは、スマホのカメラ機能で読み込ませます。



スマホでも十分にピッキング作業は可能ですが、比べてみるとやはり普通のハンディの方が性能が良いです。


特にハンディとして重要視する読み取り速度、読み取り範囲の点で負けています。

しかし、この部分を補える方法があります。


フィンガースキャナーの活用


お手持ちのスマホにスマホ専用バーコードリーダー(フィンガースキャナー)を接続すると、本格的なハンディとしてバーコード情報の読み取りが可能になり、システムに情報を送信することもできるようになります。


フィンガースキャナーは、モノタロウなどで販売されています。


上記の製品は一例ですが、基本的に、ハンディよりもかなり安い価格で販売されています。

3万円前後のフィンガースキャナーを購入し、中古のアンドロイドスマホなど2万で購入したとしたら、5万円程度でスマホハンディが完成し、かなり経済的です。

これをスマホと接続することで、バーコードの読み取り精度、スピードを向上することができますので、一般的なハンディと遜色なく利用できるようになります。

まとめ


上記の方法で、ハンディ・バーコードリーダーの費用を大きく抑えることができます。

あとは、スマホハンディ・モバイルピッキングに対応している在庫管理システムを導入するだけです。


キャムマックスでは、2022年からモバイルピッキング機能は、このようなスマホハンディでも円滑に業務が行えるよう、仕様を強化いたしました。


また、キャムマックスに搭載されている機能は在庫管理機能だけではありませんので、モバイルピッキングで取得したデータは、倉庫管理機能、販売管理機能、財務会計機能にまで連携できるようになります。


スマホハンディ・モバイルピッキングと相性の良いキャムマックスを、ぜひ一度、お試しください。


キャムマックスについて詳しくは、下記ページをご覧ください。

中小企業のためのクラウドERP「キャムマックス」


在庫管理について詳しく知りたい方はこちら
モバイルピッキングについて詳しく知りたいかたはこちら

この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み