ECサイトにおすすめの在庫管理システムは?必要な機能を交えてご紹介します!
在庫・倉庫管理

ECサイトにおすすめの在庫管理システムは?必要な機能を交えてご紹介します!

ECサイトを運営して規模が大きくなってくると大変なのが在庫管理です。特に複数のECサイトに出品していたり、実店舗も存在するという場合には、マニュアルで連携させることは大変難しくなります。在庫管理システムを導入して作業を効率化していきましょう。

ECサイトで在庫管理が重要な理由


ECサイトで在庫管理が重要な理由



商品を販売する企業にとって適切に在庫を管理をすることはとても重要です。


中でも近年はECサイトの活用が進んでいるため、ここではECサイトでの在庫管理がなぜ重要なのかということに絞って詳しく見ていきます。


在庫数の適正化

昔の小さな商店では店内やバックヤードに在庫を保管し、手作業で数えるという方法がとられることが多くありましたが、これは人為的なミスが出やすい方法です。


ECサイトを運営する企業が増加する中、在庫の種類や数も膨大になっています。そうなると人の手で数えるには無理が生じてきます。


また、在庫を管理している倉庫が物理的に離れている場合は、しっかりと在庫数を把握して、過不足による損失を如何に減らすかが課題になるでしょう。


数を把握することでせっかく注文が入ったのに品切れということもなくなりますし、仕入のタイミングも明確になります。


商品の品質を保つ

賞味期限や消費期限が設けられている商品の場合は特に、品質維持の期間も把握しておく必要があります。


在庫管理に適した環境も品質維持には不可欠です。温度や湿度管理ができる場所を確保するのも在庫管理の一つと言えるでしょう。


ただし、期間を把握して環境を整えていても、出荷や入荷に時間がかかり過ぎると品質が劣化する可能性が高まるため、スピード感のある物流が重要です。


キャッシュフローの改善

在庫管理がずさんだとキャッシュフローを正確に把握できなくなってしまいます。


仕入から販売、出荷までのサイクルを明確にすることで、キャッシュの流れもはっきりします。

そうなれば効率よくキャッシュを回し、さらなる売上につなげることができるでしょう。



効率的な在庫管理を行う「在庫管理システム」とは


効率的な在庫管理を行う「在庫管理システム」とは



在庫管理システムとは在庫管理を一括して行うことができるシステムです。

従来別物だった会計ソフトやECサイトと直接連携させることができるため、入力も一度で済むのが特徴です。

しかし、在庫管理システムに含まれる機能も様々で、ベンダーによって異なるところが悩ましいところです。

自社のECサイトにはどの機能が必要なのか、連携させたい外部システムは何かという点が在庫管理システム選びのポイントとなるでしょう。



ECサイト運営に適した在庫管理システムの機能




一般的な在庫管理にはもちろんのこと、ECサイトの在庫管理に必要な機能を見ていきましょう。在庫管理システムであれば、これらの機能がまとまっていることがほとんどです。


在庫照会

在庫の種類、場所、数などを調べたい時にすぐ表示される照会機能は在庫管理に無くてはならない機能です。


時間差なくリアルタイムで表示されるのであればなお良しです。


在庫移動

倉庫内でどこに在庫を保管するのかというロケーション管理も大切な機能です。


同じ倉庫内でも保管場所がしっかり紐づいていればすぐに移動することが可能ですし、複数の倉庫がある、あるいは倉庫以外でも在庫を保管しているといった場合に見つけやすいです。


在庫調整

販売品以外にもサンプルや展示品、自家消費などに使用される在庫もあります。これらをマニュアル管理するのは非常に大変です。


在庫調整機能があればすぐに記録できます。


セット商品

仕入れた在庫は単品で販売する商品ばかりではないでしょう。セット販売もありますし、複数を組み合わせて販売するケースもあるはずです。


このような在庫の組み合わせが可能な機能があると便利です。


入出荷

在庫管理機能の中で最も便利なのがバーコードリーダーです。

専用のハンディターミナル機器以外にスマホで取り込むことができるシステムも増えています。


入出荷の記録はバーコードの読み取りで完了します。


棚卸

多くの現場で頭を悩まされるのが棚卸ではないでしょうか。


マニュアルの場合、人も時間も多く必要とする作業ですし、せっかくカウントしても人為的なミスが出やすいため非効率です。


在庫管理システムに棚卸機能がついていると瞬時に計算されるため、効率がグンとアップします。


倉庫管理システムとの連携

近年は小規模ビジネスでも外部の物流センターを利用するケースが増えています。


このような場合でも連携機能があれば一括して管理することができるため、まるで自社の倉庫のように活用が可能です。



ECサイトにおすすめの在庫管理システム

このように、ECサイト用の在庫管理システムといっても含まれる機能や価格はかなり異なります。ニーズに合わせてよく検討することをおすすめします。

ここではECサイト用在庫管理として人気の高いシステムをご紹介します。



ネクストエンジン



実際にECサイトを運営している会社が自社業務の効率化を図るために作った受注管理システムOMS)で、専用アプリを追加することでカスタマイズが可能なことも特徴の一つです。

外部システムとの連携 CSV、専用アプリで連携可能
倉庫・WMSとの連携 標準連携以外は専用アプリ、CSVを利用して連携可能
費用 初期費用なし
基本料金 月額10,000円(受注件数400件まで)
400件以上の場合は件数に応じた従量課金追加
年間保守費用 15,000円
使用していればオプションのアプリ料金



TEMPOSTAR

TEMPOSTAR

ASPでありながら個別にカスタマイズ可能なシステム。メール送信のタイミングや自動化もニーズに応じて調整が可能です。連携先のECモールの最新仕様に常時対応。

外部システムとの連携 連携可能
倉庫・WMSとの連携 連携可能
費用 初期費用なし
基本料金 月額10,000円~ 商品課金+受注課金(定額プラン or 従量プラン )
年間保守費用 15,000円
使用していればオプションの連携サービス料金



クロスモール

CROSS MALL


ECサイト運営に必要な業務をまとめてかんりできるクラウドASPソフト。連携モール仕様変更への対応、強固なセキュリティ対策が特徴です。



外部システムとの連携 連携可能
倉庫・WMSとの連携 連携可能
費用 初期費用なし
スーパーライトプラン 5,000円Xサイト数(注文数500件、商品数1,000点まで)
プラン1000 9,000円Xサイト数(商品数1,000点まで)
プラン3000 14,000円Xサイト数(商品数3,000点まで)
プラン5000 18,000円Xサイト数(商品数5,000点まで)
プラン15000 23,000円Xサイト数(商品数15,000点まで)




ロジクラ


在庫管理の基本機能のみであれば無料で使用できるのが特徴。スマホでもバーコードの読み取りは可能ですが、オプションのハンディターミナルをつけて高速スキャンを実現。


外部システムとの連携 連携可能
倉庫・WMSとの連携 連携可能
費用 初期費用なし
Free 0円(1拠点で最大50件の出荷量)
Lite(スモールビジネス)年額9,000円
Standard(最人気)年額25,000円
Premium(本格倉庫・3PL)年額40,000円
無料プラン以外は年間保守・活用支援サポート費用30,000円



在庫管理システムと相性のよい倉庫管理システム

ECサイトに欠かせない在庫管理システムですが、成功している企業は倉庫管理もシステムを導入していることがほとんどです。


そこで、先ほどの在庫管理システムと連携させるのにおすすめの倉庫管理システムも合わせてご紹介します。


ロジザードZERO

クラウドWMSの中でもシェアが高いのは、業歴20年の間に蓄積されたノウハウが詰まったシステムだからといえます。ECサイトだけでなく実店舗の物流にも対応しています。


利用料金については個別に相談が必要です。


イーロジット

システムに加えて通販業務の代行サービスを提供しています。受注やカスタマーサポートなどのほか、プロのカメラマンによる商品撮影も代行してくれるため、ECサイトの売り上げアップが期待できます。


料金は個別に見積もりが必要です。


クラウドトーマス

スマホアプリとリングスキャナを使用してハンズフリーを実現しています。また、現場に合わせて端末を選択することも可能です。さらにSIMカードで運用できるため、Wi-Fi構築が不要なのも大きな特徴です。


月額基本利用料は、5アカウントまで75,000円、追加アカウント料(1アカウント) 5,000円、追加ショップ・荷主料25,000円です。



キャムマックスなら在庫から倉庫管理もまとめて一括管理!


このようにECサイトの運営には在庫・倉庫管理が不可欠となっていて、既存のシステムとの連携やアップデートなどを考えると、余計に選ぶのが難しくなります。


その点、キャムマックスであれば在庫・倉庫管理システムとの連携はもちろんのこと、ECモール、OMSなどとスムーズに連携することができます。


ECサイトの在庫管理システム選定に迷っているという担当者様は、ぜひ一度キャムマックスまでご相談ください!



キャムマックスについて詳しく知りたいかたはこちら

この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み