POSレジとは?比較や導入メリットとシステム連携について
在庫・倉庫管理

POSレジとは?比較や導入メリットとシステム連携について

POSレジは、「レジ」という言葉で通じてしまうくらい普及したレジスターですが、実は、昔のレジスターとは特徴が大きく異なります。
POSレジを導入しているかどうかで売上も変わってくる時代になっているので、こちらの記事を参考にぜひ導入をご検討ください。

POSレジとは?

今や店舗販売に欠かせない存在となりつつあるPOSレジですが、そもそもPOSレジとは何なのか、詳しくみていきましょう。


POSレジの歴史

まず、POSレジを知る前に、「レジスター」についておさらいをしましょう。日本ではそれまで、お店で何かを販売する際、そろばんでお客様に払っていただく合計金額を計算していました。そこに登場したのが「レジスター」です。


世界初のキャッシュレジスターが誕生したのは1878年(明治11年)、日本で初めてキャッシュレジスターを輸入して使い始めたのは、1897年(明治30年)と言われています。レジスター誕生後は、計算機のように金額を打ち込むことで合計金額を計算することができるようになり、世界中に広がりました。


1970年代になると、レジスターにバーコードを読み込める機能がつきました。これがPOSレジのはじまりです。金額だけでなく時間や場所なども自動で記録できるようになりました。POSレジは、従来のレジスター機能ではできなかった、データ活用を可能にする画期的なレジスターなのです。


データを活用することで売上アップにもつながるため、以降はあっという間に普及し、現在では若い世代ならPOSレジ=レジという認識になっているのではないでしょうか。


POSシステムとPOSレジの違い

POSレジについては何となくわかったけれど、それならばPOSシステムって何?という方も多いでしょう。POSシステムは、POSレジで取得した購買金額、時間、場所などのデータを集計する仕組みです。一般的にPOSレジは、POSシステムと連携されていて、一括して管理されます。


最近では、ポイントカードなどの会員情報と購買情報を結びつけることで、誰がいつどこで何を買ったのかというデータを活用して売上アップに貢献しています。

POSレジの比較

それでは、POSレジにはどのような種類があるのか、いくつかのポイントに分けて比較してみます。


POSレジの形態

現在様々な形のPOSレジを様々なメーカーが発売していますが、主なものをあげてみます。最も一般的なのは、スーパーやコンビニなどで見かける据え置き型のターミナルタイプです。


カフェや雑貨店などでよく見かけるのは、タブレットタイプです。タブレットにPOSシステムを入れて使用しています。屋外など電源と接続できない場合は、直接バーコードを読み込むことのできる電池式のハンディタイプが使われていることもあります。


また、それほど多くは見かけませんが、POSシステムを入れたパソコンをそのままレジとして使いたいという場合には、外付けのバーコードの読み取り機などを接続して使うこともあります。


POSレジの価格

それでは、POSレジの価格はどれくらいなのでしょうか。POSレジの読み取り機器は、ターミナルタイプで1台20~30万円です。


ただ、POSレジは読み取り機器だけでは機能せず、システムが必須となるため、POSシステムの価格も考慮に入れなければなりません。POSシステムは、無料のものもありますし、クラウド型で月額料金を支払うというものも多いです。月額料金の場合、1台当たり数千円~数万円となっています。


個人事業や小さなお店の場合、そんなに大金は払えないと思うかもしれませんが、POSシステム導入にあたって国から補助を受けられる補助金制度もあるので、活用をおすすめします。


POSレジの機能

POSレジの機能も多種多様になっていますが、基本的なものは以下になります。


  • 在庫管理の自動化
  • 商品管理
  • 売上データ収集
  • 電子レシート
  • ECサイトと連携 (システム連携)


このように、レジで読み込んだ商品データをもとに、販売後の管理も一括して可能になります。POSシステムによって使用できる機能が異なるため、自社にはどんな機能が必要なのか導入前にしっかり比較検討を行ってください。


また、POSシステムだけでなく、販売管理や在庫管理など多機能な総合管理ソフトの一機能としてPOSシステムが含まれるという場合もあるので、POS以外の機能も必要であれば、ERPと呼ばれる統合型ソフトも検討してみましょう。

POSレジを導入するメリット・デメリット

POSレジを導入するとお金がかかると二の足を踏んでいるかもしれませんが、メリットを考えればその費用対効果が素晴らしいということがおわかりいただけるはずです。


会計業務の効率アップ

それまでのレジスターは、あくまで計算機の延長のようなもので、レジ担当者が商品の価格を見て手で打ち込むという使い方をしていました。


一方、POSレジは、商品についているバーコードを読み込むだけで正確な金額が集計できますから、人的ミスがなくなるのが最大のメリットと言えます。バーコードを読み込むだけですから、使い方も簡単で、覚えやすいです。


ただし、これはあくまで商品にバーコードがついている前提ですので、店舗独自の値付けがある場合には、バーコードの作り直し、貼り直し作業が必要になります。また、店舗を運営する・管理する立場であれば、これらのデータをPOSシステムに入力しなければなりません。


会計管理がしやすい

チェーン店や大規模店舗であれば、POSレジを使えるようにするために、本部が一括してこうした作業を行っていますが、物理的に本部と店舗が離れていても、システムが連携されてさえいれば、管理することが可能なのもメリットです。


同じ店舗内であっても同様で、POSレジの場所とPOSシステムの入っているパソコンの場所が違っても、データが自動で取得されるため、わざわざレジごとの集計をするために往復する必要がありません。


ただし、この仕組みを活用するには、POSレジとPOSシステムそれぞれをインターネットに接続するというのが条件となります。店内にインターネットを整備しなければ使えないというのがデメリットとも言えます。


こうしたメリット・デメリットを踏まえ、次はおすすめのPOSシステムをご紹介します。

おすすめPOSシステムのキャムマックスで出来ること

キャムマックスは、中小企業経営資源の有効活用を目的とした統合型のソフトウェアです。会計ソフト、販売管理ソフト、在庫管理ソフト…などなど日に日に多くなっていくソフトを管理していくのも大変。


キャムマックスならこうした機能をすべて一つで行うことができるのが特徴で、POSシステムもしっかり含まれています。


オムニチャネル対応

店舗だけでなくECサイトやBtoBもやっているという場合でも、キャムマックスならすべてまとめてデータを活用できます。


システム連携

POSレジから収集した販売データ、入出荷データ、棚卸データ、POSレジへ商品情報を連携します。スマレジ、SquareのPOSレジならAPI連携が可能。それ以外のPOSサービスはデータの取り込みが可能です。


在庫管理機能

キャムマックスは、あらゆる機能が搭載されているので、POSデータを利用して在庫管理も楽々。売上・仕入の計上から在庫移動、在庫管理の自動化や適正化を実現できます。


安心のサポート

POSシステムを導入したものの、使い方がわからない、うまく活用できないといったお悩みはつきものです。


その点、キャムマックスは、導入時の初期設定やマスタ登録などのサポートはもちろんのこと、導入後も無料のメールサポートがついているので安心です。

POSレジにはPOSシステムが不可欠!

このように、POSレジはあくまでシステムあってこその機器だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。


POSシステムは、機能も価格もバリエーションが豊富ですが、自社に合ったものを選ぶのは難しい作業です。


ぜひ一度キャムマックスにご相談いただき、一緒にPOSレジの導入を目指してみませんか?

キャムマックスについて詳しく知りたいかたはこちら

この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み