倉庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法
在庫・倉庫管理

倉庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法


倉庫管理とは

倉庫管理とは倉庫内の在庫や設備、人員などを管理して倉庫業務の効率化を図る業務です。

倉庫管理がしっかり出来ていなければ、注文を受けた商品の出荷に時間がかかってしまう場合や、倉庫のスペースを上手く活用できず機会損失を招いてしまう恐れがあるため、倉庫管理は企業にとって重要な活動です。


本記事では倉庫管理の具体的な業務内容や、効率的な倉庫管理の方法、システムを用いた倉庫管理のメリットとデメリットなどを解説します。


主な倉庫管理の業務

倉庫管理と聞くと、倉庫内の在庫数の把握や、保管されている商品の場所を整理する作業などが思い浮かびますが、これらの業務だけでなく入出庫に関わる作業など、多岐に渡る業務が存在します。


入庫

商品が工場や配送センターから倉庫に運ばれてきた際に入庫作業を行います。

入庫作業の工程は複数あり、まずは搬入されてきた商品の庫内への荷卸しを行い、入荷した商品に間違いが無いか入庫伝票との照合を行います。


次に、商品に不備が無いか検品作業を行い、倉庫内の所定の場所にそれぞれの商品を保管していきます。


出庫

商品を店舗や配送会社に送る出庫作業にも複数の工程があります。


出荷する商品を倉庫内から取り出すピッキング作業から始まり、状態に不備が無いかの検品を行います。問題が無ければ商品の梱包を行った上で、入荷と同様に出庫伝票との照合をして発送します。


在庫管理

倉庫内にある商品の数や種類を正確に把握して適正な在庫量を保つことにより、欠品による機会損失の防止や、過剰に在庫を抱えて庫内のスペースを圧迫することを防ぐ在庫管理も、倉庫管理業務の1つです。


倉庫管理と在庫管理の違いとは

倉庫管理と在庫管理は混同されることが多い業務ですが、厳密にはそれぞれ異なる業務を指します。


在庫管理とは倉庫内に限らず倉庫に入荷する前の商品や出荷された商品の数の把握や、移動中の商品のトラッキングを行うことで、より正確に商品の仕入れを行い、欠品を防ぐことで売上情報のリアルタイムの把握などに繋げる業務です。


一方で、倉庫管理業務で管理を行う対象は倉庫内のみに限られます。ただし、管理するのは商品や原料といった在庫だけではなく、庫内の設備や人員なども含まれることが在庫管理とは大きく異なる点です。


倉庫内の情報を網羅的に把握することで、入出庫業務の効率化や、倉庫スペースの効率的な活用に繋げます。

倉庫管理を効率よく行うポイント

倉庫管理業務はしっかりとしたマニュアルやルールが無ければ属人化しやすく、なおかつ無駄に気が付きにくいため改善のポイントを見つけることが難しい傾向にあります。


ここでは、倉庫管理を効率よく行うポイントを3つ紹介します。


倉庫内の導線を見直す

倉庫内の動線を整えることで、商品や人の移動の無駄を省くことが可能です。


特に、ピッキングと検品といった連続した作業を行う際に、作業者の移動距離が長くなってしまうと大幅なロスとなりますので、最小限の移動で業務ができるように心がけましょう。


ロケーションを見直す

ロケーションとは在庫を保管する場所のことであり、在庫の保管場所を管理するロケーション管理は倉庫のスペースを最大限活用するために重要な業務です。


ロケーション管理には商品ごとに保管する場所を固定する「固定ロケーション」と、空いているスペースに保管していく「フリーロケーション」の2つがあります。


固定ロケーションを採用すると商品の場所が分かりやすくなるため、ピッキング作業などを効率的に行えますが、空きスペースができてしまう可能性があることがデメリットとなります。一方、フリーロケーションはスペースを効率的に活用することができますが、商品の場所を把握しにくくなることが難点です。


いずれも一長一短がありますので、倉庫の状態や商品によって柔軟に管理方法を変えていくことが重要です。


WMSなどの倉庫管理システムを導入する

WMSとはWarehouse Management System(ウェアハウス マネジメント システム)の略称であり、倉庫管理業務を支援するシステムのことを指します。


WMSを用いることで、倉庫内の在庫状況を瞬時に把握できたり、システム上で商品の場所をすぐに知ることができるため、業務効率化や作業レベルの平準化に繋がります。

倉庫管理システム(WMS)とは

倉庫管理システムは文字通り倉庫管理業務に特化したシステムであるため、他にも様々な機能を搭載しています。


ここでは、主な機能を5つ紹介していきます。


入荷管理

入荷をした際に何の商品がいくつ入荷したのか、といった情報をシステム上に記録して即時に反映することが可能です。また、入荷予定の商品を事前に把握することで、倉庫内のスペース確保や人員の確保なども余裕を持って行えるようになります。


その他、ハンディターミナルで読み込むだけで反映できるシステムもあるため、作業効率も大幅に向上します。


在庫管理

倉庫内の在庫数をリアルタイムにいつでも把握できることが倉庫管理システムにおける在庫管理機能の特徴です。


システムで管理することで、倉庫内の作業者だけではなく、購買担当者や店舗の社員などもすぐに在庫数を知ることができるようになるため、欠品時の顧客対応のスピードや質の向上に繋がります。


出荷管理機能

出荷管理も倉庫管理システムを利用することで、より柔軟に対応することができます。


商品の引当や引き戻しといった作業が発生すると、登録上の在庫数と実際に倉庫内にある在庫数に差異が生まれるといったケースは珍しくありません。しかし、こうした問題も作業が発生したタイミングで倉庫管理システム上で一元管理することでミスを防ぐことが可能となります。


棚卸管理機能

棚卸作業は一般的にかなりの時間と人員を必要としますが、倉庫管理システムで効率化が可能です。


ハンディターミナルと連携することで入力の負荷を軽減し、さらに差異を把握して報告するといった作業もシステム上で完結することができますので、リストと照らし合わせて人力で作業する場合と比べて大幅な時間の削減に繋がります。


帳票・ラベル発行機能

各種帳票の発行や納品書や送り状、製品を管理するラベルの発行といった手間がかかる作業もシステム上で実施できます。


例えば、特定の商品の在庫数をリストにして出したり、期限が切れてしまった商品のみを絞って帳票を発行するといったことが可能になります。


また、受発注を管理するシステムと連携することで、面倒な送り状もシステムから発行できるため、1枚ずつ手書きするという手間を無くせることも嬉しいポイントです。

倉庫管理システム(WMS)のメリット・デメリット

倉庫管理システムで出来ることをお伝えしてきましたが、改めてシステムを導入することで得られるメリットとデメリットを以下にまとめます。


倉庫管理システム(WMS)を導入するメリット

倉庫管理システムを導入するメリットは主に次の2つです。


在庫状況をすぐに把握することができる

倉庫内の在庫を正確に把握することで、在庫切れの防止や発注の精度向上に役立ちますので、欠品による機会損失の防止や、在庫過剰によるロスを防いで利益率を上げることに繋がります。


倉庫内のスペースを効率的に活用できる

商品のロケーションを変更した時にもシステム上ですぐに確認することができるため、ピッキングの効率を落とすことなく、柔軟に配置の変更を行って無駄のないスペースの活用が可能です。


倉庫管理システム(WMS)のデメリット

倉庫管理システムが倉庫管理業務に悪影響を及ぼすことはありませんが、デメリットを挙げるとするならば、コストと手間がかかる点でしょう。


システムの導入自体にかかる費用や、社員が活用できるようになるまでの労力と時間がある程度必要になることは考慮しなければなりません。

在庫管理システムとの連携で相乗効果

在庫管理システムと倉庫管理システムを連携させることで、Eコマースの在庫数管理の把握や受発注に合わせた在庫の管理が可能です。


店舗やECサイトで商品が注文されたタイミングで倉庫内の在庫情報が自動的に更新されれば、仕入れが遅くなり欠品するリスクや、在庫が無いのに注文を受けてしまうリスクを減らすことができます。


キャムマックスで出来ること

キャムマックスは倉庫管理システムと連携が可能な在庫管理システムです。


倉庫管理システムとキャムマックスを連携することで倉庫業務、物流業務、受発注業務など多岐に渡る業務を効率化させることができます。


複数倉庫の円滑な運営/ロジスティクスを最適化

キャムマックスには複数の倉庫を登録出来るため、それぞれの倉庫の在庫数や商品の移動の状況を一元管理することが可能です。


倉庫ごとの在庫数や倉庫間の移動も瞬時に把握できるため、適切な在庫数の配置に繋がり、倉庫スペースの効率的な活用と欠品などによる機会損失の可能性を減らします。


入出荷データの自・手動連携で平準化と機動性を実現

入出荷情報をスマーフォンやハンディターミナルで読み取り、キャムマックスと自動連係させることで在庫情報を即時に倉庫管理システムにも反映させることが可能です。


さらにCSVデータを元にした手動連携にも対応しているため、倉庫管理の正確性をより高めることも出来ます。


EC、店舗、卸、倉庫の在庫データをリアルタイムに一元管理

ECや店舗など、複数のチャネルからの注文があっても、倉庫管理システムと受注の情報をシステム上で連携させることで、リアルタイムに在庫数に反映させることができます。


また、倉庫間の移動やECサイト用の倉庫の在庫数も店舗から瞬時に分かるため、店舗の取り寄せ対応などが非常にスムーズになり、顧客満足度の向上にも繋がるでしょう。

まとめ

倉庫管理は単に倉庫内の在庫を管理するだけではなく、納品までスピーディーな対応をすることで顧客満足度を高めたり、欠品を減らして売上を向上させるなど、企業活動において重要な役割を担います。


規模が大きくなるほど管理する情報が増え、倉庫内の情報更新に手間と時間がかかりますので、倉庫管理システムと在庫管理システムによる業務効率化を是非検討してみてください。

キャムマックスについて詳しく知りたいかたはこちら

この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み