アパレル業界必見!卸、小売り業者が在庫管理を効率よくする方法
在庫・倉庫管理

アパレル業界必見!卸、小売り業者が在庫管理を効率よくする方法

アパレル業界における在庫管理は、流行性や季節性、サイズ展開、セール品と通常品が存在するなどの商品の特性上、在庫の種類も数も多く、在庫管理は非常に煩雑になる傾向があります。
こちらの記事では、アパレルの卸や小売りを行っている方に向けて、在庫管理の最適な方法をご紹介します。人手が少ない中で、さらに在庫管理の難しいアパレル業界がかかえる課題解決の一番の方法は在庫管理をシステム化することで解消ができます。
システム化と聞くと、高額なシステムを導入しないといけないのでは?と思われる方も多いでしょうが、実はそうではありません。アパレル業界の課題をどのようにシステムが解決してくれるのか、おすすめのシステムも併せて紹介いたします。

2021~2022年の小売業市場の調査レポートはこちら
2021~2022年の小売業市場の調査レポート

アパレル業界の在庫管理の特徴

アパレル業界の在庫管理の特徴


アパレル業界で扱う商品には、流行性や季節性がある、さまざまなサイズがある、セール品と通常品があるといった特徴があります。

それに伴い在庫数も増えるため、在庫管理に手間がかかります。


しかし、商品数が多いからこそ在庫管理をしっかりと行うことで、在庫のロスを減らすことや、適正な価格で売り切ることにつながります。

アパレル業界の在庫管理は難易度が高いですが、利益を確保するために重要度が高い業務であるといえるでしょう。


アパレル業界における在庫管理の重要度が高い理由については、「アパレル業界の在庫管理が難しい理由」で詳しくお伝えいたします。

アパレル業界における在庫管理の目的・重要性


アパレル業界の在庫管理が難しい理由

アパレル業界に限らず、在庫管理の目的とは「適正在庫を保つこと」です。

特にアパレル業界では、「アパレル業界の在庫管理の特徴」でもご紹介した通り、商品の種類・数が多いため、適切な在庫管理が行えるかどうかで、販売機会のロスや在庫過多といった課題を避けられるかどうかが決まります。適正在庫を保ち、過不足のない在庫数を保つには在庫管理が必要なのです。


また、在庫管理を行うことで、在庫管理にかかるコストを減らすことができたり、キャッシュフローが良くなったりといったメリットも享受できるようになります。在庫に対する責任を負う担当者を明確にできるという副産物も得られます。


以上のような点から、在庫管理は重要なのです。



需要予測が困難

アパレルの売上は気候に大きく左右されます。

しかし、急な気温変化や気候変動などは予測ができないため、需要の予測自体が困難となります。

さらに、全国でチェーン展開している企業の場合は地域ごとのばらつきも考慮する必要があるため、予測がより難しいといえるでしょう。


また、自社で商品を製造し販売しているSPA企業でない限り、およそ1年前から商品を発注しなければなりません。しかし、洋服は流行の移り変わりが激しいため、1年後も同じニーズが継続するとも言い切れず、これもアパレルの需要予測を困難にさせる要因の1つです。


商品の種類が多い

アパレルは多様な色やサイズを取り扱うため、管理すべき在庫数も多い傾向です。

色やサイズのバリエーションが豊富な商品では、同じ種類でも数十を超える商品が存在することも珍しくありません。


さらに、サイズの違いなどは一目では分かりにくいため、検品作業に時間がかかったり、ミスが起きやすくなったりする点もアパレル業界特有の在庫管理の難しさといえます。


返品制度

返品制度の存在により、出荷した商品が再び倉庫に戻ってくる場合が多く、在庫の移動が増えることもアパレル業界の特徴です。


百貨店などの小売店に出荷した商品が売れ残った場合、在庫をメーカーに返却できる契約を結んでいる事業者は少なくありません。商品が返却されると、再度入荷登録の作業を行ったり、倉庫内の保管場所の登録作業を行う必要があるため、業務量の増加とミスを誘発する可能性の増加に繋がります。


在庫の移動が多いと、管理が複雑かつ手間がかかる点も在庫管理の難易度を高める要因となっています。


オムニチャネルの管理

近年のアパレル業界では、実店舗での販売だけではなくECサイトも活用した複数のチャネルでの販売が主流です。


しかし、複数の販売チャネルがあるとそれぞれのチャネルからの受注情報を在庫に紐づける必要があり、その分在庫管理は複雑になります。

オムニチャネルの在庫管理ができなければ、欠品商品がECサイト上に購入可能な状態で載ってしまう場合や、在庫取り寄せの確認に時間がかかってしまう場合もあるでしょう。


受注データと在庫のデータをタイムリーに連動させなければならないため、在庫管理にも高いレベルが求められる傾向にあります。

在庫管理を改善する方法


在庫管理を改善する方法


在庫管理を改善する方法は、正確な情報をタイムリーに反映させ、いつでも精度の高い在庫情報を見られるようにすることです。

ここでは「エクセル管理」、「POS管理」、「在庫管理システム」の3つの方法をご紹介します。


エクセル管理

在庫管理表_エクセル


在庫管理をエクセルで行えば、システム導入の手間をかけず、なおかつ初期費用を抑えることが可能です。

在庫情報をエクセルに入力して一元管理できるようにすると、店舗別の在庫数や種類別の全体の在庫数などの情報をいつでも見られる状態にできます。

さらに、エクセルをクラウド上で入力できるようにすれば、複数人で同時に編集できるため、在庫情報の素早い更新も行えます。


しかし、確認した在庫情報をエクセルに入力する際にミスが発生する可能性が少なくない点が、エクセル管理のデメリットです。


POS管理


店舗数が少ない場合や小規模の事業者はPOSレジと連動した在庫管理もおすすめです。

商品を販売した際のPOSデータと連動して在庫情報の更新ができる仕組みを構築しておけば、行う作業は入荷情報の登録のみとなり、業務効率化に繋がります。


ただし、返品制度などがあり在庫の移動が多い場合や、ECサイトなど複数のチャネルで販売する場合は手動での対応が増えるため、POS管理以外を検討する必要があるでしょう。


在庫管理が出来るシステムを導入

在庫管理が出来るシステム


在庫管理に特化したシステムを導入することにより、複雑な在庫管理業務を効率化でき、ミスの防止も期待できます。

在庫管理システムは受発注データとの自動連携や、移動のトラッキングなどが行えるため、常に在庫情報を最新の状態に保ち、場所の把握も容易です。


さらに、在庫をアナログで管理していると、保管場所や保管方法などが属人化してしまう懸念もありますが、システムを活用することで業務の平準化も行えるため、退職や異動などで人員の入れ替わりが起きても安心です。

在庫管理システムの特徴

在庫管理システムには主に下記のような特徴があります。


  • 全体の在庫数の把握はもちろん、店舗や倉庫別の在庫数や移動中の在庫数など様々なカテゴリ別に情報の把握ができる
  • ハンディターミナルと連携させることで、入力作業や棚卸業務の効率化に繋がる
  • 倉庫管理システムと連動させることで、倉庫内の商品の場所もすぐに知ることができる


このように在庫管理をする上で手間がかかる作業を効率化する機能が備わっています。

在庫管理システムのメリット

在庫管理システムを活用することで、以下の2つのメリットがあります。


  • 在庫情報をリアルタイムで管理することで、売上アップや顧客満足度の向上が期待できる
  • 在庫管理における人為的ミスを減らして、機会損失を防げる


在庫を見える化 リアルタイムで管理

在庫管理システムと受発注データを紐づけることで、受注と同時に在庫情報の更新が自動的に行えます。

さらに、店舗別やチャネル別の売上データを把握できるため、売上予測も立てやすく、店舗間の在庫移動や価格変更の参考にもなります。


人為的ミスが減らせる

在庫管理システムは、ハンディターミナルやスマートフォンなどでバーコードをスキャンするだけでシステムに反映させられるため、入力作業によるミスを防ぐことができます。


また、欠品している商品をECサイト上に掲載してしまうケースや、取り置きしている在庫を誤って出荷してしまうケースなどの人為的なミスも防げます。


商品情報の登録や在庫の場所の把握なども容易になるため、ピッキングや検品作業の効率化・平準化に繋がる点も嬉しいポイントです。

導入事例

実際に在庫管理システムを導入した事例をご紹介いたします。

ぜひ、ご自身の企業でも応用ができないかという視点でご覧ください。



導入事例1:エクセルからの脱却

店舗の在庫を全て現場が管理していた企業では、在庫管理システムを導入したことにより、接客に割ける時間が増えて売上の向上に繋がりました。

この企業は店舗の在庫をExcelで管理し、毎日本部にファイルを送るというフローだったため、集計と入力作業に手間がかかり、顧客に十分な接客ができないこともありました。しかし、在庫管理システムによりPOS管理が行えるようになったことで、在庫管理業務の手間が減り、コア業務に割く時間の創出に繋がりました。


導入事例2:チェーン店

複数店舗をチェーン展開している企業では、欠品商品を他店に問い合わせるのに時間がかかることが課題でした。

この企業では店舗ごとに在庫管理を行っていたため全店舗の在庫をまとめて調べることができず、取り寄せ対応がスムーズではありませんでしたが、在庫管理システムの導入によりすぐに在庫の取り寄せを行えるようになり、顧客満足度の向上に繋がりました。


導入事例3:SKU管理の実現

アパレルブランドを展開する企業では、SKU※管理ができていないことや、EC発送の際にスタッフが倉庫へ行って手作業で商品を探しており非効率的である点が課題でした。ECの注文数の増加に伴い、作業が煩雑になってしまったため、在庫管理システムを導入。


在庫管理システムを導入後は、SKU管理ができるようになり、商品ごとのサイズや色などまで詳細に把握できるようになりました。さらに、EC用と実店舗用の在庫を統合することで、余剰在庫を減らすなど最適化まで実現しました。

※Stock keeping Unitの略。まったく同じ商品として顧客へ提供できるもののこと。


キャムマックスでできること


キャムマックスの在庫管理機能


キャムマックスの在庫管理機能は在庫数の把握だけではなく、販売管理との連携や在庫のトラッキングまで行えることが特徴です。

ECサイトからの受注データやPOSレジデータとの連携が可能であるため、在庫情報の登録を自動化できるうえ販売データの分析もできます。


また、在庫移動時にトラッキングが可能であるため、各店舗の在庫数の適正化や、取り寄せ対応時の顧客対応の質の上昇に繋がるでしょう。

機能の詳細はこちらから

この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み