Shopifyで在庫管理するおすすめの方法を紹介!既存の機能から外部連携まで
在庫・倉庫管理

Shopifyで在庫管理するおすすめの方法を紹介!既存の機能から外部連携まで

ShopifyでECサイト在庫管理はどのように行っていますか?特に複数モールに出店している場合、Shopifyの標準の在庫管理機能だと不十分に感じられることもあると思います。
そこで今回は、Shopifyを利用した在庫管理方法についてご紹介します。

Shopifyで在庫管理する方法


Shopifyを使って在庫管理する方法は大きく分けて3つあります。


Shopify標準の在庫管理機能を使う


一つ目はShopifyに搭載されている在庫管理機能を使う方法です。

Shopify標準の在庫管理には以下の機能が含まれています。


  • 在庫追跡
  • CSVファイルによる在庫のエクスポートまたはインポート


その他、スマホにShopifyアプリをインストールすることでバーコード読み取りによる在庫登録が可能です。

Shopifyは専用のアプリによってニーズに応じた機能を付加していくタイプのECサイト構築ツールのため、標準搭載の在庫管理機能はそう多くありません。


メリット


・低コストで利用可能

Shopifyの在庫管理機能は、追加料金なしで提供されており基本機能として利用できます。

外部ツールを導入する必要がないため、在庫管理を効率的に行いながらコストを抑えることができます。


・シンプルで使いやすい

Shopifyの在庫管理機能は、シンプルで直感的な操作が可能です。

初心者でも扱いやすく、在庫の追跡や数量の変更や在庫調整履歴の確認など、基本的な機能が簡単に利用できます。


デメリット


・拡張性に限界がある

Shopifyの標準在庫管理機能は基本的な機能を提供していますが、高度な在庫管理ニーズには限界があります。特定の要件に合わせたカスタマイズや高度な在庫分析が必要な場合には、外部の在庫管理アプリを追加する必要があります。


・機能の制約

Shopifyの標準在庫管理機能はシンプルで使いやすいですが、一部の高度な機能や拡張には制限があります。

例えば、在庫アラートや自動的な注文補充などの機能を追加したい場合には、別途アプリを導入する必要があります。


・ビジネスの成長に限定される場合がある

Shopifyの標準在庫管理機能は小規模なビジネスに適していますが、ビジネスが成長し大量の在庫を管理する必要が出てくる場合には限界があります。

規模を大きくする場合はより高度な在庫管理機能を持つ外部システムやアプリとの連携が必要になることがあります。



Shopify専用の在庫管理アプリを追加する


二つ目は、Shopifyのために作られた専用の在庫管理アプリを追加する方法です。

Shopify専用のアプリは在庫管理に限らず多数ありますが、その理由としてAPIの存在があります。ShopifyはこのAPIを多く提供しているため、専用のプログラムを開発することができます。


Shopify専用の在庫管理アプリは、こちらのページから検索できます。

<参考:日本向けの便利なアプリ 在庫管理|Shopify app store


メリット


・カスタマイズ性と拡張性

Shopify専用の在庫管理アプリは、Shopifyの機能を柔軟にカスタマイズし特定のニーズに合わせた拡張が可能です。

在庫管理に特化した機能やレポート、自動化などの高度な機能を追加できる点が魅力です。


・高度な在庫管理

専用アプリを追加することで、より詳細な在庫管理が行えます。

たとえば、複数の販売チャネルの在庫を一元管理したり、在庫アラートや自動的な注文補充などの機能を活用することが可能です。

これにより、在庫管理の精度や効率性を向上させることができます。


デメリット


・国内向けアプリの不足

Shopifyはカナダの企業であるため、現在のところ日本のベンダーが開発した在庫管理アプリはまだまだ限られています。そのため海外製を利用することになりますが、日本語化されていないものも多くアプリ選びが難しいということがあります。



・追加費用

Shopify専用の在庫管理アプリには、一部のアプリには追加料金が発生する場合があります。

アプリによっては無料プランが用意されていますが、一部の高機能なアプリは有料で提供されることが多いです。


Shopifyと外部在庫管理システムを連携させる


三つ目はShopifyと外部の在庫管理システムを連携する方法です。


Shopify専用ではなく外部が提供する在庫管理に特化したシステムとShopifyをAPIなどを活用して連携させます。


メリット


・統合された在庫管理

Shopifyと外部の在庫管理システムを連携させることで、在庫情報が一元的に統合されます。

複数の販売チャネルや倉庫での在庫状況を一つのシステムで管理できるため、在庫の正確性と可視性が向上します。

また、在庫の更新や調整が自動化されるため、効率的な在庫管理が実現できます。


・効率的な在庫管理

外部の在庫管理システムは、高度な在庫管理機能を備えています。

自動的な注文補充や在庫レポートの作成、在庫アラートの設定などが可能です。

これにより、在庫の最適化や在庫不足の予防が容易になります。

効率的な在庫管理によって、ビジネスの運営をスムーズに行うことができます。


・拡張性

外部の在庫管理システムは、事業の規模や成長に合わせて柔軟に拡張できる特徴があります。

販売チャネルの追加や倉庫の増設など、事業の成長に伴う在庫管理の変更に対応できます。

将来の成長に向けた準備をすることができ、ビジネスのスケーラビリティ(拡張性)を高めることができます。


デメリット


・追加コスト

外部在庫管理システムを導入する際には、追加の費用が発生することがあります。

システムの購入や導入費用、そして月額の利用料などを考慮する必要があります。

ただし、効率化や精度向上によるコスト削減のメリットもあることを念頭に置いてください。


・互換性と連携の複雑さ

Shopifyと外部在庫管理システムの連携には、システム間の互換性や連携設定の複雑さに留意する必要があります。

一部の外部システムはShopifyとの直接連携ができるAPIが提供されていますが、連携していないシステムはAPI開発やプラグインを介しての連携が必要となる場合もあります。

連携には専門知識や技術的なサポートが必要な場合もありますのでご注意ください。


・依存性とリスク

Shopifyと外部在庫管理システムの連携には依存性が生じます。

外部システムに障害が発生したり、システムのアップデートが行われたりすると、連携に問題が生じる可能性があります。

また、外部システムの提供元がサービスを終了する場合には、連携に関連するリスクや移行の手間が生じる可能性もあります。


Shopifyを活用した在庫管理には、企業の成長やニーズに合わせて柔軟に対応することが重要です。

最初はShopifyの標準機能である在庫管理を活用し、ビジネスが成長していく中で必要に応じて追加の在庫管理アプリや外部システムを導入することで、効率的で正確な在庫管理を実現することができます。

適切な方法を選択し、事業の発展に役立ててください。

Shopifyと在庫管理が連携できるおすすめシステム


Shopifyと在庫管理を連携してECサイトの運用効率を上げることができるシステムの中でもおすすめのものをご紹介します。


キャムマックス



キャムマックスはECサイトを運営する中小企業におすすめのシステムです。

オムニチャネル対応の在庫管理だけでなく日々の仕訳を行うなど財務会計機能も搭載しています。料金体系はシンプルで、1ライセンスならどんなに出荷量が増えても月額7万円です。

価格 初期費用 月額1か月利用料
月額利用料 基本料金5万円+ライセンス利用料2万円(1ライセンス)
※1ライセンスにつき5アカウント分のID発行
オプション利用の場合オプション費用
基本機能 販売管理購買管理、在庫管理、財務会計
ECカート・モール・WMS・POSなどとの連携
サポート 電話・メール



ロジクラ



ロジクラは物流管理に特化したシステムで、特に在庫管理や配送管理の面で優れた機能を持っています。

その使いやすさや効果により、多くの人から高い評価を受けています。

Shopifyとの連携により、商品の在庫状況を一元管理したり、受注データを自動的に反映させることができます。

これにより、効率的な運営が実現できます。


Standardプランの場合 / 月額:25,000円(税抜)/ 出荷量:800件 / 拠点数:3拠点


 AnyLogi(エニーロジ)



AnyLogiは物流最適化を目指すツールで、在庫管理や配送管理、顧客管理など幅広い機能を提供しています。

Shopifyとの連携により、注文情報を自動的に取り込み、在庫の調整を簡単に行うことができます。

これにより、在庫過剰や在庫切れのリスクを低減しECサイトの運営を円滑に進めることができます。


従量課金制 / 出庫料:410円〜 / 入庫料:20円(ピース入庫)180円(ケース入庫)/ 保管料:6,600円/坪

はぴロジ



はぴロジは小規模から中規模のEC事業者向けの物流システムです。

使いやすい操作性と手頃な価格が特長で、在庫管理から配送まで一元的に管理することができます。

Shopifyとの連携により、在庫や注文情報を一元管理することができ複数の販売チャネルを効率的に運営することができます。


グロースプラン(出荷数3,000件まで)の場合 / 月額:10,000円

LOGILESS(ロジレス)



LOGILESSはフルフィルメントに特化した物流サービスです。

商品の保管から梱包、発送までを一括して行うことができます。

Shopifyとの連携により、在庫情報や注文情報をリアルタイムに共有することが可能であり顧客への対応スピードを向上させることができます。


月額:22,000円(税込)/ 出荷数:500以上から有料(20円/件)

mylogi



mylogiは、在庫管理と配送業務をスムーズに進めるためのシステムです。

Shopifyと連携することで、注文情報の自動取得や在庫情報の同期、配送業者への自動伝票作成などが容易に行えます。

これにより、作業効率が向上しより円滑な運営が実現できます。


Standardプランの場合 /月額:30,000円(出荷件数1,000件)

ネクストエンジン


ネクストエンジンは多機能なクラウド型受注管理システムです。

受発注だけでなく、在庫管理や売上分析など、ECサイト運営に必要な機能が総合的に提供されています。

Shopifyと連携することで、データの自動連携が可能となり在庫情報を一元化しリアルタイムで更新できます。これにより、ECサイトの運営効率が大幅に向上し、スムーズなビジネス運営が実現します。


月額:10,000円(税抜)/ 出荷数:400以上から有料(25円/件)

シッピーノ



シッピーノは出荷業務支援システムであり、国内外の配送手段を効率的に管理できます。

Shopifyとの連携により、在庫情報や注文情報を一元化し自動的に最適な配送手段を選択できます。

これにより、配送コストを削減し出荷作業を効率化することが可能です。

また、複数の配送手段を一元管理することで国内外の配送に関する業務を簡素化します。


月額:9,800円〜(税別)/ 出荷数:30以上から有料(30円/件)/ SKU数:500以上から有料(5,000円〜)

オープンロジ



OPENLOGIは商品の保管から出荷、顧客サポートまでを網羅的に代行する物流アウトソーシングサービスです。

Shopifyとの連携により、注文情報を自動的に連携し在庫のリアルタイム反映も可能となります。

これにより、小規模な事業者でも大規模な物流業務を円滑に運営できるメリットがあります。

OPENLOGIのサービスを活用することで、事業拡大や顧客満足度の向上に寄与することができます。


従量課金制(要問合せ)

Shopifyの在庫管理はキャムマックスがおすすめ


在庫管理を行うのはShopifyの標準機能でも可能ですが、ECサイトのビジネスを加速させるためにはアプリや外部システムとの連携が重要です。

キャムマックスは在庫管理はもちろんのこと、販売管理や財務会計機能も含まれているオールインクルーシブなシステムです。

物流との連携も簡単にできる上、今後ますます増加する販売量も気にすることなく使用する事ができます。

Shopifyでの在庫管理にお悩みなら、ぜひ一度キャムマックスまでご相談ください。





この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10月より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
小売業 市場レポート
ECサイトの売上を上げるために必要なKPI管理シート

おすすめ記事

2024-05-15T00:00:00.000Z【2024年】ERPおすすめランキング5選!最新システムご紹介

クラウドERP

【2024年】ERPおすすめランキング5選!最新シ...

2024-04-24T00:30:00.000ZERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!その理由を解説

クラウドERP

ERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!そ...

2024-04-19T00:30:00.000Z商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察

その他

商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察

2024-03-29T00:00:00.000Z飲食店の棚卸を毎月、正確に行う手法を解説

在庫・倉庫管理

飲食店の棚卸を毎月、正確に行う手法を解説

2023-10-12T05:00:00.000Z生産性向上なくして成長なし!企業の取り組み方や成功事例をご紹介

その他

生産性向上なくして成長なし!企業の取り組み方や成功...

2023-08-24T08:15:00.000Z在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法

在庫・倉庫管理

在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法

2023-01-27T02:57:18.142Z受注とは?生産や販売での意味と効率の良い管理法などをご紹介

販売管理

受注とは?生産や販売での意味と効率の良い管理法など...

Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み