生産管理とは?業務内容や課題解決に加え効率化の方法も解説
その他

生産管理とは?業務内容や課題解決に加え効率化の方法も解説

生産管理の現場に配属または転職になったけれど、業務内容や効率化させる方法を知りたいという方のため、生産管理についてまとめました。
生産管理がしっかり行われている企業は多くないと言われています。
課題を解決するにはどうしたらよいのか、改善策についてもお伝えしていきます。

生産管理とは


日本工業規格(JIS)では、生産管理とは「財・サービスの生産に関する管理活動」であると定義しています。

また、備考には「所定の品質・原価・数量および納期で生産するため、またはQ(Quality)・C(Cost)・D(Delivery)に関する最適化を図るため、人、物、金、情報を駆使して、需要予測、生産計画、生産実施、生産統制を行う手続およびその活動。狭義には、生産工程における生産統制を意味し、工程管理ともいう」とあります。


まとめると、

  • QCD(Quality:品質・Cost:価格・Delivery:納期)最適化のため
  • 人(Man)、機械 (Machine)、材料 (Material)、方法 (Method)の4Mを活用
  • 需要予測、生産計画、生産実施、生産統制を行う

となります。


生産管理の主な業務


生産管理業務を行うのにあたり、特別な資格は必要ありませんが、実際に企業で生産管理を行う場合、どのような業務が含まれるのか、詳しく知っておく必要はあるでしょう。


需要の予測


需要の予測無しに製品を作るだけ作ってしまい、売れ残りが大量に出てくるということは、利益を上げるために最も避けたいです。

そのため、どれくらい需要があるのかを見極め、生産量を予測することは、生産管理の大切な業務です。


生産計画の作成


需要予測をもとに、生産計画を立てます。

生産計画には、いつ、何を、どれくらい、いつまでに作るかということを含めます。

この時点で、先ほどの4M(人、機械、材料、方法)についてもしっかりと計画を行う必要があります。必要な人員、機械、材料と合わせてどのような方法で生産していくかも決定します。


調達・購買の計画作成


生産計画が済んだら、原材料などの仕入にとりかかります。

とは言え、できるだけ高品質低価格の原材料を仕入れることが大切ですから、仕入先の吟味から行っていく必要があります。

発注したら終わりではなく、しっかりと納期に間に合うよう調整していきます。


工程管理


実際の生産に入ると、製造の過程を管理する必要が出てきますが、これを工程管理と言います。

人の配置や、機械の最適化、作業方法などの管理を行いながら、製造がスムーズに進むように調整していきます。


品質管理


生産管理の中で品質管理はあらゆるところで行われます。

製造中は、あらかじめ決めた規格におさまっているかを常にチェックしていく必要があります。

規格におさまらないものが多く出ている場合には、機械の異常が無いかという確認も品質管理に含まれます。

生産前の原材料や完成品の品質管理も行っていきます。


在庫管理


生産管理の在庫管理も完成品に限定されるわけではありません。仕入れた原材料などから製造途中の仕掛品も含まれます。

在庫が不足すると機会損失になりますし、逆に過剰だと置き場所が必要になり、コストがかかってしまいます。常に適量の在庫を維持しなければならないのです。


出荷管理


完成品を出荷する際は、ピッキングや梱包方法にも管理が必要です。決められた方法が無いと、作業にかかる時間もわかりませんし、ムダが発生します。

出荷管理業務には、納品書や領収書などの書類作成も含まれます。


配送管理


配送管理も生産管理の業務に含まれ、ドライバーやトラックの効率的な配置などを行います。

配送管理の対象も完成品に限らず、工場間の移動や返送品の回収などが含まれます。

生産管理を行う上での課題


生産管理を行う上で、致命傷となるのが部署間のコミュニケーション不足です。

各部署間でデータが共有されていないことから、適切な需要予測が行われず、修正に修正を重ねても、結果的に在庫が余る、不足するといった事態になりがちです。

部署単位で動いていて、標準化が行われないと、不良品率も増えます。

また、多くの部署が関わることから、各部署での人為的ミスの悪影響が雪だるま式に大きくなってしまいます。このことが、生産管理で重要な納期を守れないということにもつながります。


生産管理の業務改善と効率を上げる方法


このように、生産管理には多くの課題が残されています。ここでは、課題を解決して生産性を上げる方法をご紹介します。


ECRSの法則の活用


生産管理に限らず、あらゆる業務改善に活用できるのがECRSの法則です。

ECRSとは、Eliminate(排除)、Combine(結合)、Rearrange(交換)、Simplify(簡素化)の頭文字をとったもので、業務のムダを無くしていく方法です。

なくしたいけどなくせないといった場合には、段階的にムダを減らすなどして効率を上げていきます。


生産管理システムの導入


生産管理の業務効率を劇的に上げる方法としては、システムの導入がおすすめです。

現在エクセルや自作、無料ソフトなどで生産管理を行っている企業もあるかと思いますが、これでは生産管理の課題をすべて解決することはできません。

なぜなら、生産管理の現場で最も問題となっている情報の共有が難しいからです。

その点、生産管理の課題要因となる部署間の独立性も、システムで一元管理することにより、解決します。

さらに、原価計算をはじめとする様々な計算も、生産管理システムなら自動で行われるため、人為的なミスが減り、時間短縮につながります。

これにより、リードタイムを減らすことができれば、生産コストも大きく減少するでしょう。


ベストな方法はERPの導入


上記のように、生産管理には生産管理システムの導入がおすすめですが、実はさらにおすすめなのがERPです。

ERPとは、資源をムダなく有効活用し、生産効率を高めていくという考え方を取り入れた経営管理システムです。

そのため、生産管理だけでなく、企業のあらゆる活動を効率化してくれるのです。

現在多くのERPシステムがクラウド型となっていて、データのリアルタイム共有が可能なのが最大のメリットです。

また、クラウド型の場合は、導入費用を抑えることができるため、中小企業や個人事業などにもおすすめです。



生産管理との連携におすすめのERPはキャムマックス


キャムマックスは、中小企業におすすめのERPです。

キャムマックスなら、月々7万円~導入が可能で、もちろん生産管理を必要とする製造業をはじめ、あらゆる業種に対応しています。


例えば、在庫管理ではセットマスタを登録することで、製品入庫と材料出庫の在庫更新を一度に行うことができるほか、登録時に外注費等の直接費を入力することで、入庫単価に費用を自動加算することができます。


また、倉庫間移動のタイムラグも、「移動中」のステータスにより解決解決できます。引当処理や棚卸を適切に行います。また、タイムラグが無い場合は、倉庫マスタの設定で在庫を瞬時に移動することができます。


このような生産管理業務だけでなく、販売管理から財務会計までを一気に担うのがキャムマックスなのです。

本格的な生産管理システムを導入するほどではないが、日々の業務に困っているという方は、ぜひ一度キャムマックスまでご相談ください。

キャムマックスについて詳しく知りたいかたはこちら

この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み