楽天・Yahoo!・Amazonの在庫管理には複数店舗対応システム連携がおすすめ
在庫・倉庫管理

楽天・Yahoo!・Amazonの在庫管理には複数店舗対応システム連携がおすすめ

楽天、Yahoo!ショッピング、AmazonといったECモールに複数出店している場合に大変なのが在庫管理です。
せっかく規模が大きくなっても対応しきれないという声も聞かれます。こうした複数店舗の在庫管理にはシステムの活用がおすすめです。

ECの複数店舗管理でよくある問題点


自社のECサイトやECカートはもちろん、楽天、Yahoo!ショッピング、AmazonなどのECモールに複数出店している場合には、商品数が増えるほど在庫管理が大変です。実際によくある問題を挙げてみます。


モールごとに管理システムが異なる


複数のEC店舗を運用する場合には、楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonなどのシステムに合わせたカスタマイズや保守や更新が必要になるだけでなく、それぞれ別に集客や販促活動などの施策が必要になります。中には重複する作業もあるため、時間の無駄が生じます。


商品に関する統一性が図りにくい


楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonなどに複数のEC店舗を出店していると、出店時の担当者がバラバラだった場合、同じ商品なのに各ショップで商品名や説明文、価格、画像などが異なってしまう場合があるため、消費者に混乱を与えたりブランドの信頼を損ねたりすることがあります。


在庫管理が複雑


複数のECサイトを運営している、もしくは楽天、Yahoo!ショッピング、AmazonなどのECモールに複数出店している場合の在庫管理は複雑になります。在庫数を正確に把握することができないと、在庫切れになった場合は機会損失となるだけでなく、信頼を失ってしまう可能性があります。


楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonの在庫を一元管理する方法とは?


このように、楽天、Yahoo!ショッピング、AmazonなどのECモールに複数出店している場合の在庫管理は複雑ですが、一か所にまとめて一元管理できるシステムを導入すると楽になります。


在庫管理システムの導入


在庫管理システムは、商品の在庫数や入出庫履歴などを一元的に管理することができるシステムです。

中でもクラウド型の在庫管理システムは、インターネットを活用したシステムのため、リアルタイムで在庫状況の情報共有が可能になります。


これにより、移動中の在庫を含めて正確に一元管理できます。


ERPシステムの導入


ERPシステムは、企業全体の経営資源を一元管理することができるシステムで、在庫管理だけでなく販売管理財務会計なども一元管理することができます。

そのため、在庫管理以外に企業全体の業務効率化を図ることができます。


在庫管理システムの主な機能


通常、在庫管理システムには、楽天、Yahoo!ショッピング、AmazonなどのECモールに複数出店している場合の在庫管理に必要な以下の機能が含まれています。


受注管理


楽天、Yahoo!ショッピング、AmazonなどのECモールで受けた注文がバラバラに管理されているとその処理が大変ですが、受注管理機能があれば一か所に整理された状態で取り込まれ、システムによってはお礼メールの自動送信も可能となっています。


在庫管理


在庫情報を一か所に集め、そこから各モールやショップに割り振る形をとるため、在庫バランスを保つことが可能です。

楽天では在庫なしの表示になっているけれど、Yahoo!ショッピングでは在庫があるというような偏りを防ぐことができます。


発注・仕入管理


在庫管理システムには、在庫を適正に保つ上で大切な発注点を自動で計算してくれる機能がついている場合があります。

楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonなどの合計在庫数を正確に把握し、発注点に達したら自動で発注を行う機能があれば欠品の心配もありません。


倉庫管理システム(WMS)との連携など


楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonなどに出店している場合には、外部の物流や倉庫を活用しているケースも多いでしょう。

ただ、それぞれの物流や倉庫管理システムが異なると管理が複雑になるため、在庫一元管理システムに連携させることが必須となります。

スムーズな出荷指示により、在庫数も適切に管理できます。


売上・決済管理


在庫だけ管理していても、入金がしっかり行われたかどうか確認することができなければ、ECサイトの管理ができているとは言えません。

楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonなどの売上と連動して入金まで確認できる機能により、漏れなく代金を回収することができます。

在庫管理に一元管理システムを導入するメリット


楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonなどのモールに複数出店している場合の在庫管理に一元管理システムを導入するメリットは以下になります。


正確な在庫数が把握できる


一元管理システムを導入することで、楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonなどで販売している商品の在庫数を正確に把握することができ、在庫が移動中でも誤差を最小限に抑えることができます。


欠品を防ぐことができる


一元管理システムを導入すると、楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonなどの各在庫数や合計数を正確に把握できるため、欠品リスクを低減させることができます。

また、自動発注機能がついている場合には、計算などが不要で発注できるため、ミスを防ぐことにもなります。


販売プロセスの迅速化


通常在庫数の確認や注文処理は楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonなどの管理画面から行う必要がありますが、一元管理システムを導入すると一か所でできるため作業の大幅な効率化となります。

結果的にお客様が商品を注文してから受け取るまでのプロセスを短縮することになります。


在庫管理に一元管理システムを選定する際の注意点


楽天、Yahoo!ショッピング、AmazonなどのECモールに複数出店している場合に一元管理システムを選ぶ場合には、以下のような注意点があります。


コスト


企業が在庫一元管理システムを選ぶ際に気になるのがそのコストではないでしょうか。実際に大企業向けのシステムともなれば、自社に合わせた開発から行われることもあるため、膨大な費用がかかります。


しかし近年は月額料金で利用でき、初期費用も比較的抑えられた中小企業向けのシステムが多数リリースされていますので、コストが回収できるのかと心配する必要もなくなってきています。


機能


在庫管理システムと言っても含まれる機能はそれぞれ異なります。楽天、Yahoo!ショッピング、AmazonなどのECモール以外に実店舗も運営している場合には、実店舗もまとめて管理できる機能が必要です。


また、機能を追加するごとに費用が加算されるスタイルのシステムもあるため、どの機能が必要で、それには全体でいくらかかるのかまでを検討しなければならないでしょう。


サポート


システムを選ぶ上で大切なのがサポート体制です。導入時はもちろんのこと、導入後もしっかりサポートしてくれるのかどうかも確認する必要があります。


クラウドERP「キャムマックス」は楽天、Yahoo!、Amazonに加えて実店舗まで管理が可能



キャムマックスは、中小企業向けに開発されたERPシステムで、特に複数ECサイトを運営する企業様向けの機能が充実しています。

在庫管理システムの中には、実店舗との連携ができない、もしくは難しいというものもありますが、キャムマックスは実店舗もまとめて管理できるのが特徴です。


また、初期費用と月額利用料がリーズナブルに設定されており、在庫管理はもちろん、販売管理から財務会計までまとめて業務の効率化を図ることができるシステムなので、導入・運用の費用に対する心配はありません。


楽天、Yahoo!、AmazonなどのECモールに複数出店し、実店舗もあって在庫管理が大変というような企業様はぜひ一度ご相談ください。




この記事を書いた人

ライター
株式会社キャム 取締役COO

下川 貴一朗

証券会社、外資・内資系コンサルティングファーム、プライベート・エクイティ・ファンドを経て、2020年10月より取締役CFOとして参画。 マーケティング・営業活動強化のため新たにマーケティング部門を設立し、自ら責任者として精力的に活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
小売業 市場レポート
ECサイトの売上を上げるために必要なKPI管理シート

おすすめ記事

2024-01-18T02:42:56.316Z飲食店の棚卸を毎月、正確に行う手法を解説

在庫・倉庫管理

飲食店の棚卸を毎月、正確に行う手法を解説

2023-10-12T05:00:00.000Z生産性向上なくして成長なし!企業の取り組み方や成功事例をご紹介

その他

生産性向上なくして成長なし!企業の取り組み方や成功...

2023-08-24T08:15:00.000Z在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法

在庫・倉庫管理

在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法

2023-03-24T06:07:05.598Z商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察

その他

商社にDXが必要な理由とは?課題や事例をもとに考察

2023-03-10T05:38:00.784ZERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!その理由を解説

クラウドERP

ERPシステムをカスタマイズする方法はもう古い!そ...

2023-02-09T08:43:02.889Z【2023年】ERPおすすめランキング5選!最新システムご紹介

クラウドERP

【2023年】ERPおすすめランキング5選!最新シ...

2023-01-27T02:57:18.142Z受注とは?生産や販売での意味と効率の良い管理法などをご紹介

販売管理

受注とは?生産や販売での意味と効率の良い管理法など...

Contact

お問合わせ

キャムマックスをもっと詳しく

「詳しい機能を知りたい」「自社に合っているか相談したい」「オプションも含めて見積を出してほしい」など、お気軽にお問合わせください。

無料トライアルお申込み

無料で60日間お試しいただけます。
圧倒的なコストパフォーマンスをご体感ください。

トライアルお申込み